平成から令和、デジタルテクノロジーの進展や人口減少問題など、日本経済を取り巻く環境は劇的に変化しております。このような中、新潟県内においては特に少子高齢化の進展が顕著であり、県内の経済社会の持続可能性が、今、真剣に問われております。これらの状況を踏まえ、県内経済社会を次世代に引き継ぎ、未来への責任を果たすためには、社会の活力となる生産性向上が不可欠であります。新潟県生産性本部は、このような認識のもと、引き続き「人材の育成」が重要であり、「人材こそ宝」であると考えております。今後さらに、働き方改革を推進するとともに、全ての人が働きがいを感じ、そして若い世代が未来に希望を持ち活躍できるよう、必要な知識、手法を習得していただくプログラムをご提案させていただきます。ここにご紹介する研修プログラムをもって、これからの経営課題解決をサポートいたします。
各企業・団体様におかれましては、貴社の人材育成計画の中に是非ともご活用い
ただきますようお願い申し上げます。

新潟県生産性本部
会長 森 邦雄

(元新潟県副知事)