新型コロナウイルスの感染拡大により社会経済活動が大きく変化し、県内企業の中でも業績・売上の低下やテレワーク導入などの対応に苦慮されているところも少なくありません。また、三密回避などのため、人材育成を十分実施できなかったという声も聞いております。これまでに受けた影響は計り知れないほど大きく、一刻も早くコロナ危機を乗り越え、社会経済活動を再生させていくことが求められています。

 今回のコロナ禍により、東京一極集中の弊害やデジタル化の遅れなど、我が国が抱えている課題も浮き彫りになってきました。こうした中、新潟県がさらに発展するためには、新潟県への企業移転や移住などを進めるとともに、デジタル化、イノベーションの促進や地域産業を支える人材の確保・育成が重要となってきます。

 新潟県生産性本部は、このような認識のもと、「人材こそ宝」と考え、引き続き、各企業・団体の人材育成をサポートしていきます。社会環境の変化や新たなニーズに対応したセミナーを加え、県民の皆様が働きがいを感じ、若い世代が未来に希望を持ち活躍できるよう、必要な知識、手法を習得していただくプログラムをご提案させていただきます。

 各企業団体の皆様におかれましては、皆様の人材育成計画の中に是非ともご活用いただきますようお願い申し上げます。

新潟県生産性本部
会長 森 邦雄

(元新潟県副知事)